現体重の5%まで

新宿 personal studio『SP』
皆様の応援隊長ヒロです。

ダイエットをしている人ならば誰でも、なるべく早く結果を出したいと思うもの。

しかし、焦りは禁物です。ダイエット食品の広告などで、「1ヶ月で20㎏減!」などとうたっているものもありますが、急激に多くの体重を落とし過ぎると健康をそこなう危険性が……。

そこで今回は、ダイエットを安全に行うために覚えておきたい大切なことをご紹介します。

【1か月に落としていいのは、現在の体重の5%まで】

ダイエットをしていると、早く体重を減らそうと頑張ってしまいますが、実は「1か月に落としていい体重は、現在の体重の5%まで」と言われているんです。

例えば、体重が60㎏の人の場合、落としていいのは3㎏まで。これ以上落とすと、貧血、生理不順などを起こし、「健康を損なう可能性が高くなってしまう」のだとか。

また、リバウンドも起こしやすくなります。なぜなら、急に体重を減らすと身体が飢餓状態になり、身体はこれではいけないと「栄養を吸収して脂肪を蓄えようとする」からです。

そのため、どんどん脂肪がついて余計に太ってしまいます。

結果、せっかくヤセたにもかかわらず、あっという間に元に戻ってしまうことに……。

「いつまでに○kg落としたい」という目標があるのであれば、少しずつ落としていけるように「計画的にダイエット」した方がよさそうです。

【食事はたくさんのおかずをちょっとずつ】

安全にダイエットをするためには、食事のバランスが大切。

量は少なくても、「おかずの品数を多くとる」ことをおすすめします。ご飯、野菜、肉、果物などを「それぞれちょっとずつ食べる」のが◎。

ヤセたいからといって、野菜だけしか食べないダイエットなどをすると栄養不足になって、髪がパサついたり、肌荒れをしたり、便秘になったりしてしまいます。

【短時間でも毎日エクササイズ】

ダイエットでは、「食事制限だけでなく運動も必要」です。

しかし、過激な運動をしすぎると、食欲が増してついつい食べ過ぎてしまいます。

今日はスポーツジムでたっぷり汗を流したからといって、ビールを飲み、おつまみをたくさん食べる……なんてしていては、まさに「本末転倒」です。

「運動は継続することが大事」長時間の運動をたまにやるよりも、短時間でもいいので「毎日こまめにエクササイズをやる方が効果的」です。

テレビを見ながらストレッチをしたり、エレベーターを使わずに階段を使ったりなど、ちょっとした運動でも積もり積もれば、体重減につながります。

【リバウンドで太りやすい体質に】

急激なダイエットによって、必ず引き起こされるリバウンド。「ヤセては戻ってを繰り返していると、どんどん太りやすい体質になってしまいます。」

そうならないためにも、体がびっくりしないよう少しずつ体重を落としていくこと、そして体重が減らない停滞期が訪れてもダイエットを地道に続けていくことが大切です。

停滞期中に体がこの体重でも大丈夫だと判断したら、やせてもいいと体に信号を出します。

そうすると、再び体重は減っていくので、そこを乗り越えることが大切です。

【焦る心がミスをくり返す】

新宿PERSONAL STUDIO
東京都新宿区新宿1丁目29-7 浜田ビル2階
HP :http://www.personalstudio.jp/
メール:mail@personalstudio.jp
TEL  03-6887-2444
営業時間
平日 10~22時(トレーニング最終受付21時、当日のご予約は20時まで)
土日祝 10~20時(トレーニング最終受付19時、当日のご予約は18時まで)
ホームページ・アプリ、メールによるご予約は24時間受け付けております。