Official Blog

ぎっくり

皆さんこんにちは、
新宿パーソナルスタジオのアキです☆

皆さんは、ぎっくり腰の経験はありますか?

ふとしたタイミングで急に腰を痛めてしまうあれですね。

ぎっくり腰とは急性腰痛、椎間捻挫とも呼ばれています。

原因は様々で何をしたら起こるとゆうものでもありません。

ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えてもいいです。

腰の骨が瞬間的にずれてしまい、腰の筋肉が負荷に耐え切れずに炎症を起こしてしまう腰痛です。

人の数だけ原因があると伝えましたが大きく3つほど原因があります。

【筋肉疲労】
1つ目が筋肉の慢性疲労です。

ぎっくり腰は突然起こりますが、症状としていきなり表れるだけで、

ゆっくりとその原因となるものはあります。

中腰で荷物を持上げようとした瞬間に激痛が走ったり、

よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間などにぎっくり腰になりやすい、

日常の中で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰になってしまうのです。

これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、あるとき負荷の許容量を超えてしまい、腰痛として発症したと考えられます。

【骨格の歪み】
2つ目は骨格の歪みです。

立ち仕事や、デスクワークで長時間限られた姿勢でいると

身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまい、

使われている筋肉には負荷がかかり、使われていない筋肉は少しずつ緩みます。

こうしたことが筋力のアンバランスを生み出し、骨格の歪みになります。

歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周囲の筋肉への負荷に変わります。

バランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛になりやすいです。

【いきなりの過負荷】
3つ目は急な負荷です。

これは、若い人に多いのですが勢いよく振り返った瞬間、

横になっていて勢いよく起き上がったときなど、止まっている状態からいきなり動いたときや、

動きの急激な切り替えの時に、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

こうした原因に気をつけながら日常生活を送るようにしていくことで

ぎっくり腰を予防することが出来ます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新宿PERSONAL STUDIO
東京都新宿区新宿1丁目29-7 浜田ビル2階
HP :http://www.personalstudio.jp/
メール:mail@personalstudio.jp
TEL  03-6887-2444

営業時間
平日 10~22時(トレーニング最終受付21時、当日のご予約は20時まで)
土日祝 10~20時(トレーニング最終受付19時、当日のご予約は18時まで)
ホームページ・アプリ、メールによるご予約は24時間受け付けております。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇