Official Blog

日焼けの季節

こんにちは!
新宿パーソナルスタジオ渡辺です☆

紫外線が強くなり
日焼け止めが手放せない方も
いるのではないでしょうか。

紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類があります。

このうち日焼け止めが防ぐのはUVAとUVBの2種類です。
肌の表面が赤くなる原因がUVB
肌の奥深くまで届いてDNAを傷つけるのがUVAといわれています!

◯日焼け止めの強さを表す指標が2つございます。

1つ目の指標は、SPF(Sun Protection Factor)と呼ばれるものです。
これは、UVBに対しての防御効果を表します。

この数字の見方はちょっと複雑です。
人間の肌は通常、日光に15~20分当たると翌日肌に赤みが出るといわれています。
それを何倍防ぐことができるか、というのがこのSPFの数値なのです。

たとえば、SPF30と表示された日焼け止めであれば、20×30=600分=10時間。
つまり、10時間紫外線を浴びた場合に初めて赤みが出るということを表します。

SPFは、50を超えたあたりから性能にほとんど差が見られなくなります。
そのため、最近は50を超えたものに対しては細かい数字は表示せず、SPF50+と表記するようになりました。

一方、UVAをどれだけ防ぐかという指標がPA(Protection Grade of UVA)です。
これは+の数で表され、+から++++の4段階があります(以前は3段階だったのですが、2013年から++++が追加されました)+が多いほど効果があります。

◯日焼け止めの主成分2種類

1つ目は紫外線吸収剤です。
外線を吸収するタイプの日焼け止めです。主にUVBの紫外線を吸収します。
これは紫外線防止効果が高いのですが、人によっては肌にかぶれやかゆみ、赤みが生じる場合があります。

2つ目は紫外線散乱剤です。
紫外線を反射して肌を守るタイプの日焼け止めです。
主成分は酸化チタンや酸化亜鉛が使われており、UVBとUVAのどちらも遮断します。
紫外線防止効果はそこまで高くありません(SPF25程度)が、日常生活での紫外線を防ぐのであればこの程度で十分です。

自分の肌の強さや、目的に合った
日焼け止めを使いましょう♪♪

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新宿PERSONAL STUDIO
東京都新宿区新宿1丁目29-7 浜田ビル2階
HP :http://www.personalstudio.jp/
メール:mail@personalstudio.jp
TEL  03-6887-2444

営業時間
平日 10~22時(トレーニング最終受付21時、当日のご予約は20時まで)
土日祝 10~20時(トレーニング最終受付19時、当日のご予約は18時まで)
ホームページ・アプリ、メールによるご予約は24時間受け付けております。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇