Official Blog

寒い時こそ……鍋でほっこり

こんにちは
新宿 personal studio『SP』
皆様の応援隊長ヒロです

冬の鍋物に欠かせない野菜といえば、白菜です。

100gでも、たったの14Kcalという低カロリーで、なおかつ栄養たっぷりの白菜はダイエット食材としても定番。

白菜の美味しい冬の季節、その魅力を改めておさらいしましょう。

◾️白菜は低カロリーで栄養ばっちりの優等生!

まず始めに、白菜100g(外葉 約1枚分)に含まれる主な栄養素

・カリウム・・・200mg
・カルシウム・・・43mg
・ビタミンC・・・19mg
・食物繊維・・・1.3g
(100gあたり約14Kcal)

成分は同じアブラナ科のキャベツと似ていますが、糖質が少ない分白菜の方がさらに優秀といえそうです。

多く含まれるカリウムは、体の塩分量を調整し余分な塩分(ナトリウム)を尿とともに排出させる働きがあります。

顔や足のむくみの解消に効果的です。また、食物繊維が腸の働きを活発にするので、お通じも快調に。そして、美容に欠かせないビタミンCの含有量は、リンゴの約5倍に相当します。

低カロリーなのに栄養素がばっちり含まれている。白菜はまさに「ダイエット野菜の優等生」です。

◾️煮ても、炒めてもダイエット効果あり! 白菜の調理法

白菜の魅力はなんといっても、その調理法の多さにもあります。鍋物をはじめ、煮込み系やスープ、炒め物やサラダ、漬け物、おひたしなどなど。

何にでも合うので継続して食べ続けられるのがうれしいですね。

調理法によってどのような効果が得られるのか、ポイントをおさらいしておきましょう。

◾️漬け物にすると整腸効果アップ!

白菜は塩漬けにすることで、乳酸菌などの有用な腸内細菌が生まれ整腸効果がアップします。

少しずつでも毎日食べ続けたいなら白菜のお漬物がおすすめです。

◾️栄養素が溶け出したダシもごちそう!

ビタミンCやカリウムはともに、水に溶ける水溶性の成分です。

汁の中で溶け出た栄養まで、そのままいただける汁物やスープは白菜にぴったりです。

◾️固い芯は熱を通して食べやすく!

白菜の芯や外葉の部分は特に栄養分が高い部分。

捨ててしまわず細かく刻んだり鍋物や炒め物に使って、やわらかくしてから食べるといいでしょう。

調理法でアレンジを加えながら、楽しく美味しく白菜をいただきましょう!

【鍋でほっこり】

新宿PERSONAL STUDIO
東京都新宿区新宿1丁目29-7 浜田ビル2階
HP :http://www.personalstudio.jp/
メール:mail@personalstudio.jp
TEL  03-6887-2444
営業時間
平日 10~22時(トレーニング最終受付21時、当日のご予約は20時まで)
土日祝 10~20時(トレーニング最終受付19時、当日のご予約は18時まで)
ホームページ・アプリ、メールによるご予約は24時間受け付けております。