Official Blog

お雑煮といっても

皆さん、こんにちは。
新宿パーソナルスタジオの小野です。

お雑煮は一年の無事を祈ってお正月に食べる伝統的な日本料理ですね。

沖縄を除く日本各地で食べられていますが、食べ方は地方によっていろいろあるのです。

お餅も東日本では「焼き角餅」西日本は「焼かない丸餅」と分かれ、東西の境にある富山、石川、三重、和歌山は両方混在しているそうです。

今回は、各地の食べ方をいくつかご紹介します!

岩手県釜石市などでは、野菜とお餅に焼いたワカサギをのせたすまし汁仕立てのお雑煮に甘いクルミ醤油だれを付けて食べるそうです。

秋田県男鹿では、フグや焼き鯵で出汁をとり焼角餅、ゴボウ、長ネギ、岩のりをのせるそうです。しょっつる(魚醤)で味付けする場合もあるそうです。

新潟では具沢山のお雑煮の中に塩鮭やイクラを入れて。

関東では昆布や鰹節と醤油ですまし汁仕立てに、焼角餅、鶏肉、大根、人参、銀杏などを入れて。

福井では昆布出汁に味噌汁仕立てで丸餅と茎付きのカブを入れるそうで、カブは「株をあげる」と縁起が良いからだそうです!

愛知県ではカツオ出汁の醤油味で餅菜を入れて。「名(菜)をあげる」と言われる餅菜は小松菜の仲間だそうです。最近は小松菜を入れて食べているそうで、カツオ節や黒砂糖をのせる家庭もあるそうです。

京都では丸餅や里芋、大根、西京味噌に花かつおをのせて。「争い事が無く物事が丸く収まるように」と具は丸く切るそうです。

兵庫県神戸市ではすまし仕立てや味噌仕立ての汁に丸餅と鶏肉、焼きあなごを入れるそうです。

広島ではブリを丸ごと一匹使い、頭や骨で出汁をとり醤油仕立ての汁にブリや青菜、餅などを入れるそうですが、お餅は角餅を焼いたり丸餅を煮たり焼いたりと食べ方は様々だそうです。「福をかき寄せる」と縁起の良い食べ物として牡蠣を入れる家も多いそうです。

徳島ではいりこ出汁で醤油味の汁に頭芋3個その上にうちちがえた(十字に重ねた)2丁のお豆腐をのせて食べるとか。お餅は入っていないそうです。

香川県では煮干しと白みそに小豆餡の入ったお餅を入れ、人参、里芋、豆腐を入れ青海苔をのせるそうです。お砂糖が貴重だった時代、せめてお正月のお雑煮は贅沢に祝った昔の人たちの気持ちが込められているそうで、餡子入りのお餅は讃岐の人にはなくてはならないものだそうです。

長崎では昆布やカツオ、焼アゴで出汁を醤油仕立てにし、山海の幸を含め10品以上の具材を入れることが多く、ブリは欠かせない食材だそうです。

沖縄ではお雑煮を食べる習慣がなく、中身汁(下処理した豚モツと鰹と椎茸の戻し汁で煮込んだ物)やイナムドゥチ(豚肉・椎茸・沖縄かまぼこなどの具材を濃厚で甘みのある白みそ仕立てにした汁物)、骨汁(沖縄そばの出汁を取る際に使った骨をスープと野菜で煮込んだ物)を食べるようです。

地方によって食べ方はいろいろあるのですね。

私の実家(秋田)では鶏出汁醤油仕立てのお雑煮でした。お野菜は入ってなかったように記憶してます。

松井さんは鶏肉、かまぼこ、三つ葉 お吸い物でお餅は煮た丸餅を5個食べるそうです。

皆さんはどのようなお雑煮を召し上がるのでしょうか。

母の味、故郷の味を思いだし、家族で美味しいお雑煮を食べましょう♪

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新宿PERSONAL STUDIO
東京都新宿区新宿1丁目29-7 浜田ビル2階
HP :http://www.personalstudio.jp/
メール:mail@personalstudio.jp
TEL  03-6887-2444

営業時間
平日 10~22時(トレーニング最終受付21時、当日のご予約は20時まで)
土日祝 10~20時(トレーニング最終受付19時、当日のご予約は18時まで)
ホームページ・アプリ、メールによるご予約は24時間受け付けております。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇