Official Blog

姿勢は足裏に

皆さん、こんにちは。
新宿パーソナルスタジオの小野です。

ご自身の靴裏(靴底)を見たことがありますか?

パンプスやヒールを履いて歩いているのを後ろから見てると足が外側や内側に傾いている方が多く見られます。

なかなか靴の裏を見たり自身の歩く姿(足元)を見ることがないので気づかないかもしれませんが、一度見てみてください。

踵の外側や内側、つま先など減り方は歩く姿勢によって様々です。

外側が減っている人はガニ股・O脚の傾向で外側に重心が掛かり、外側の筋肉が張り、膝・腰に負担がかかり痛みが出る場合もあります。

太ももの内側はほとんど使われていないのでお尻が横に広がりたるんでくる可能性もあります。

内側が減っている人は内股・X脚の傾向で踵と小指に重心が掛かりやすく、膝が曲がっていたり猫背の姿勢で歩く方に多く見られます。

ヒールのある靴を履き始めることでこのような歩き方になってしまう方もいるようです。

カカトが減ってる人はガニ股の傾向があり、腹筋と背筋が衰えて猫背になりがちで、血行不良や、腰痛の原因にもなります。

つま先全体が減っている人は常に重心がつま先に掛かっているので、外反母趾になりやすいです。

左右どちらかが極端に減っている方は身体や骨盤の歪み、筋力のバランスが崩れている可能性が高いです。

このように重心が外側や内側など一方に掛かっていると傾いた側の筋肉は倒れないように緊張し、反対側の筋肉はあまり使われないので弱くなってしまいます。

そして土台となる骨も偏りに合わせて歪み、その傾いた状態で履き続けると歪みを助長してしまうのです。

理想は靴の親指の付け根にあたる部分とかかとの部分が左右同じように減っていれば、良い歩き方といわれています。

少しでも良い姿勢、身体に負担のなく歩くためにも今のご自身の靴裏を見てどんな歩き方をしているのかを確認してみてください。

気づく事でこれからの姿勢・歩き方が変わるはず!

これから先も痛みなく歩けるように、今から歩き方を意識していきましょう♪

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新宿PERSONAL STUDIO
東京都新宿区新宿1丁目29-7 浜田ビル2階
HP :http://www.personalstudio.jp/
メール:mail@personalstudio.jp
TEL  03-6887-2444

営業時間
平日 10~22時(トレーニング最終受付21時、当日のご予約は20時まで)
土日祝 10~20時(トレーニング最終受付19時、当日のご予約は18時まで)
ホームページ・アプリ、メールによるご予約は24時間受け付けております。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇