可動域を確保するには

皆さんこんにちは、
スタジオパーソナル新宿御苑店のアキです!

ストレッチについてのブログを
他のスタッフが掲載していたかと思いますが

その内容とは違ったストレッチのことについて
今回はご紹介したいと思います。

皆さんはストレッチと聞いたらまず何のために
やると思いますか。

体を柔らかくするため。

動かしやすくするため。

リラックス効果を高めるため。

などなど・・・

どれも間違いではありません。

では運動前のストレッチは何のために行うのか

それは怪我無く体を動かしやすくし筋温を高め
最大可動域で動けるようにする。

ざっくり説明するとこんなものです。
なのでじっと静止している状態のストレッチよりも
体を動かしながらストレッチを行うのがいいとされています。

ですが本当に筋肉を伸ばしただけで動作がしやすくなるのでしょうか。

筋肉がストレッチされるだけで可動域が高まるのでしょうか。

その答えはノーです。

体が動きやすくなるとゆうのはすなわち関節可動域が
正しく確保されている状態を保ちつつ
様々な運動動作が行えるか。とゆうことになります。

そして関節可動域に影響する要素とゆうものは
筋肉の伸張だけではないのです。

関節可動域を確保するために必要な要素は
筋肉(筋膜)
関節包

皮膚

この4つが影響してきます。

筋肉(筋膜)は全体の約41パーセント

関節包は47パーセント

腱は10パーセント

皮膚は2パーセントです。

こうしてみると筋肉よりも関節包が関節可動域に
大きく関与していることがわかります。

そのため通常のストレッチで筋肉のみにアプローチをしていても
可動域を確保しきることが難しいのです。

関節包内にまでしっかりアプローチをかけるには
ただ伸ばすだけではなくねじりの動きや
全体的に連動した骨格の動きが必要になります。

ねじったり傾けたりしながら様々な方向に体を動かすことで
かなりの動きやすさを感じることができます。

そしてそのストレッチを行う前に筋膜などをほぐしておくことで
さらなる可動域の確保が望めます。

体の動きが悪いときはただ伸ばすだけではなく
筋膜をほぐし筋肉をねじりながらダイナミックに動かすようにしましょう!

ねじって伸ばすを心がけてみて下さい。

動きやすさが変わるはずです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
STUDIO PERSONAL 東京都新宿区新宿1丁目29-7 浜田ビル
HP :http://www.personalstudio.jp/
メール:mail@personalstudio.j
TEL  03-6887-2444
営業時間 平日 10~22時(トレーニング最終受付21時、当日のご予約は20時まで)
土日祝 10~19時(トレーニング最終受付18時、当日のご予約は17時まで)
ホームページ・アプリ、メールによるご予約は24時間受け付けております。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇